プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

飲食という仕事について8年・・・まだまだ日々勉強です。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

2011年10月15日 (土)

お庭のお部屋

うちのお店にはお庭を眺めていただける個室が二部屋あります。

もともとは敷石と竹をライトアップした庭だったのですが、うちのアルバイトスタッフのH君が、竹の灯篭とろうそくを使って、まったく雰囲気の違う庭に作り変えてしまいましたhappy02

竹細工を使った灯篭のイベントなんかをやっていたH君は、故郷の愛媛県から竹を切りだして、何週間もかけて今の庭を完成させましたnotes

お食事中は無理かもしれませんが、部屋には照明の調光がついてますので、明かり絞って庭を眺めてもらうと更にsign03優しいろうそくの灯りの幻想的な世界が広がりますupwardrightupwardrightupwardright

今でもH君は夕方になると、どういう配置がよりきれいに見えるのかを、庭を眺めながら考えて、あれやこれやと忙しく動きまわってますcoldsweats02

そんな素敵な庭を、皆さん一度見に来て下さいpaper

2011年10月 8日 (土)

かんてき~

当店の名前の由来でもある「かんてき」。

いわゆる七輪の呼び方なのですが、お客様によく言われるのが丸いのが七輪で四角いのがかんてきなの?(うちで使ってるのが長方形のやつだからだと思いますがsweat01
もちろん呼び方の違いなので、丸いのも四角いのも「かんてき」であり「七輪」です。「かんてき」は関西弁ですねpaper

かんてき=かんしゃく、かんしゃくを起こしやすい人という意味。すぐに怒る短気なおやじは「かんてきおやじ」などと言われるみたいですangry

おこりっぽい性質と火がおこりやすい(=七輪)にかけた言葉みたいですねdash

自分もアルバイトの子達から、「あのかんてきおやじsign01」などと言われないようにしなければ・・・down

2011年10月 6日 (木)

のどぐろ~(^.^)

うちの会社では、兵庫県の日本海側に位置する「香住漁港」から、その日水揚げされてセリにかけられた鮮魚を、自社の冷凍車に積み込んでその日の夕方にはお店に到着させるという、ちょっとすごいことをしてますhappy02

もちろん新鮮な魚が届くのもそうですが、現地でしかなかなか食することの出来ない貴重な魚をご提供できるのがウリですnotes

その日の水揚げ次第なので、どんな魚が入るのかはお楽しみになります。

今日は超高級魚「のどぐろ」が入荷sign01
身はもちもちとし、口の中でとろけるようなので「白身のトロ」と呼ばれることもあります。

今日はのどくろ姿造りと一夜干しをご用意。
沢山のお客様に「香住の旬」をお召し上がりいただけると嬉しいですhappy02

2011年10月 4日 (火)

とりあえず・・・

さて、いよいよsweat01ブログを始めてみようかと思います。実はこういう類のものはとっても苦手なのですが、もっとお店のことを皆様に少しでも知ってもらえたら・・・と。

お店はこの前とうとう8周年を迎えました。オープンの頃からやってきたので、なんとも感慨深いものがやはりあります。

オープンの時は店長でもなかったですし、ましてや飲食業が初めてというド素人でしたsweat01

どうにかこうにかやってこれたのも、周りのスタッフ達に助けてもらったり、お客様からいろいろなことを勉強させてもらったりと、やはり大切なのは人だなとしみじみ思います。

8年前よりは間違いなく良い店になったと思うので、更に今よりもより良い店になれるように頑張りますupwardright

かんてきや 要 のサービス一覧

かんてきや 要